2011年11月30日

NDNから被災地訪問報告のメールをいただきました!

先日送付した支援物資を新潟動物ネットワーク(NDN)さんが被災地へ届けて下さったときの被災地支援報告メールを頂きましたので、一部ご紹介します。

----------------------------------
11月27日に、いわきにある、大熊町いわき好間仮設住宅を訪問しました。

最近、HPでの活動報告が遅れぎみになっていますので…(^^ゞ
ご報告と写真を数点、お送りいたします。

飼育に当たってのマナーの説明、支援物資の配布、飼育相談を行いました。
糞の始末に関する相談が多くありました。
いわきは比較的温かい土地なので、来年の暑さ対策の相談もありました。

(以下省略)
-----------------------------------

CAFHRIW3.jpgCAIKVXTA.jpg
CAUATZEL.jpgCAVO5AU8.jpg
posted by inc-fukuoka at 13:28| 福岡の募金箱情報

2011年11月24日

「震災後の動物たち」山口千津子先生の講演会に行ってきました!

2011年11月23日(祝)13時30分〜16時30分まで開催された「震災後の動物たち 〜現状・私たちにできること〜」講演会にINCスタッフ4名で参加してきました。

内容は前半「東日本大震災の被災動物支援の報告」、後半「私たちにできること」の2部構成でお話されました。
2011112314210000.jpg
前半の報告では、東日本大震災が発生した時から山口先生がどのように連絡を取り始め支援活動を始められたか、また「緊急災害時動物救援本部」が設立された経緯などをお話頂きました。

今回の支援活動の中で、最初の壁になったのが「ガソリン不足」だったそうです。阪神大震災後、日頃から動物救援の準備をしていた「緊急災害時動物救援本部」では支援物資などはすぐに集まったそうですが、その物資を実際に被災している方々へ届ける手段がなく大変困ったそうです。

また、関東と東日本の間でペットに対する意識や飼い方の違いも大きく、支援をする際に避難所でのマナーや車内避難生活の危険性などを理解してもらうのに多くの時間を要したということでした。

今もなお福島の20km圏内では、多数の動物たちがさまよっているようで、野犬化の問題や出産ラッシュで数が増え、悲惨な状況が続いているとのことです。引き続き、行政と連携して保護活動を続けているとのことでした。
2011112315120000.jpg
今回の被災動物を保護するためのシェルターも各地に設置され、それぞれの地域に適した形のシェルター運営がなされているようで、東京都日野市に新設されたシェルターのセンター長に山口先生が就任され、今も休みなく活動されているということでした。

後半の報告では「私たちにできること」という内容で、ここ福岡でも震災にあう前にできるシステム作りについてお話いただきました。何よりも重要なことは日頃から備えておくということ。そのために、今回の支援活動で見えてきた問題点や改善できる点、事前に準備できることなどを教えていただきました。

[良いシステム作りのために必要な取り組み]
@地域防災計画
A動物救援本部の設置
B人と動物双方の専門部局や消防・警察との連携
Cマニュアルの作成
Dボランティア登録と教育・トレーニング
E市民啓発

東京都では「同行避難」を提言しているようで、都民への啓発や市民ボランティアへの講習会などすでに準備が進んでいるようです。この福岡でも早急に防災計画を立て、「良いシステム作り」を実行に移す重要性を改めて学びました。

INCでは、福岡のペット防災計画のために現在情報を収集しているところです。今回の講演会で得た貴重な情報をここ福岡の街で有効に活用できるように活動していきたいと思っています。
posted by inc-fukuoka at 12:04| 福岡からできること

2011年11月15日

支援物資送付のご報告

2011年11月11日(金)、被災した動物たちの救援活動を行っている新潟動物ネットーワーク(NDN)さんへどうぶつ愛護フェスティバルで集めた支援物資と被災地が必要としているサークルをインターネット通販で購入の上、送付いたしましたのでご報告いたします。

NDNさんは11月20日に南相馬、11月27日に大熊町仮設(いわき市内)へ訪問されるそうです。

[物資の内容]
どうぶつ愛護フェスティバルで寄付頂いた物資
 ・バスタオル、タオルケット、ブランケット ダンボール1箱
 ・犬用服、犬の首輪、リード、ブラシ、湯たんぽなど ダンボール1箱

●被災地のニーズに応じてネット通販で購入
 ・4面サークル トレー付 ピンク 7個
 ・4面サークル用屋根面 7個

[支援金の内訳]
・サークル費 34,720円
・送料     11,774円
・備品費     3,287円 (送付用段ボール、被災地パネル制作費等)
------------------------------
 合計    49,781円 募金合計はこちら
(不足分1,717円はINCスタッフで負担しました)
posted by inc-fukuoka at 15:11| 福岡の募金箱情報

8月/9月/10月/11月 募金箱の集計報告

現在INCで設置している募金箱並びにINC「いぬねこイベント」で売上げた金額4か月分を集計しましたので、ご報告いたします。

期間:2011年8月〜11月
合計:¥48,064

[募金額内訳]
・NPO Caféであい様 ¥240
・千手堂療院様 ¥187
・プリントピアウエハラ様 ¥665
・しばた洋傘店様 ¥221
・オレンジライフ様 ¥153
・ワークショップ福岡様 ¥530
・伊都クリニック様 ¥5,592
・ホームセンターユートク様 ¥14,545
・クロニクル様 ¥3,206
・食彩倶楽部純正様 ¥2,100
・INCチャリティーイベント ¥20,625(7月以前の残金含む)
posted by inc-fukuoka at 14:48| 福岡の募金箱情報

2011年11月10日

被災地への支援物資「どうぶつ愛護フェスティバル」の会場でたくさん集まりました!

2011年11月3日(祝)に参加した「どうぶつ愛護フェスティバル2011」の会場で支援物資こんなにたくさん集まりました!
sIMG_3512.jpgsIMG_3529.jpg

3月にこのブログを立ち上げてからもうすぐ8か月。今回はこのブログやINCのホームページを見てわざわざ持って来てくれた方がたくさんいらっしゃいました!

中には、支援物資を集めているのを会場で見て、他のテントで販売していたリードなどを購入して寄付して下さる方もいらっしゃいました。

皆さんの暖かいお気持ちと支援物資、近々新潟動物ネットワーク(NDN)さんへ送付します。
本当にありがとうございました。送付後はまたご報告いたします。
posted by inc-fukuoka at 13:27| 福岡からできること